≪Frame Top

  今回、容器・理化学機器専門の販売店と共同でイムノクロマト用のハウジング(ケース)を開発致しました。
真空成形加工による無駄のないシンプルなデザインに、販売店ならではの現場の声を取り入れた実用的なディテールが盛り込まれています。








◎イムノクロマトグラフィー法

複雑な機器を使用せずその場で迅速な診断が可能なイムノクロマト診断 キットは昨今、様々な分野に広がりを見せています。 人の病原体・抗体の検出のみならず動物病院や畜産業では家畜衛生又、 食品衛生や環境汚染分野など次々に用途が拡大しています。





◎真空成形加工にすると!?

 従来製品は射出成形によるハウジングが殆どでしたが、
弊社(真空成形メーカー)で製造することにより試作代・金型代などの
初期費用を大幅に削減でき、お打合せから試作〜量産もスピーディーに
行えます。
また試験紙の大きさに合わせた寸法設定や2本以上の複数枚の試験紙を
挟み込むことができるハウジングなど様々な仕様に応じての設計が手軽に
実現できます。

開発期間を短縮でき、需要の拡大・変化に伴う仕様変更などにるコストも
大幅に削減できる製造方法として真空成形はまさに打ってつけの加工法
だと思われます。

    特徴まとめ:
  • 少ない初期投資・・・従来の製法に比べて、真空成形の金型は安価で
                 作ることができます。

  • 試作品の作成・・・・安価に迅速に試作型を作ることができ、金型作製
                  の前にさまざまな検討をすることが可能です。

  • 開発期間の短縮化・・・金型構造が単純なため、設計〜金型作製〜
                   ハウジング作成までにかかる時間が短く、仕様の
                   変更にも容易に対応できます。

  • カバーの透明化・・・透明な原料を使うことで、透明のカバーを作ることが
                 できます。カバー部分を透明にすることで試験紙が
                 よく見え、滴下後の展開が確認しやすくなります。

  • 格納式スペース・・・お客さまのご要望により、格納式スペースを作ること
                 ができます。患者様名を書いたり、取扱説明の印刷を
                 貼ったりとさまざまな用途に使えます。

      

”イムノクロマト新商品開発の際には是非お問い合わせください。”



ただ今、特許出願中です。


 ≪Frame Top
有限会社 相川合成樹脂工業所 ホームページ